株式会社村瀬産業 クリーン&セーフティLPガス

- e@gas(イーガス)使っていい暮らし -

お気軽にお問合せ下さい。<TEL>058-252-1331
TOPサービスのご案内 > これからLPガスをご利用になるお客様へ
LPガス

これからLPガスをご利用のお客様

これからLPガスをご利用になるお客様

 「そもそもLPガスとはどの様なガスなのか…?」LPガスの基礎知識についてご紹介致します。

LPガスの概要

LPガス(Liquefied Petroleum Gas)とは、液化された石油ガスのことをいいます。ごく一部を除いて原油採掘と共に産出したものと、原油に溶け込んだものを原油を精製(ガソリンや灯油、軽油に分けること)するときに分離生産されたものです。LPガスは炭素と水素の化合物で、炭素数3のプロパン(C3H8)と炭素数4のブタン(C4H10)があります。ご家庭にお届けするLPガスはほとんどがプロパンガスであるため、一般に通称としてプロパンと呼ばれています。LPガスは液体の状態で貯蔵、配送され、消費する際、気体で消費されます。

LPガスイメージ

LPガスは液体から気体になると約250倍の体積に増加します。プロパン10kgが気化すると約4.82m3となります。(数値は地域毎に若干異なります)なお、液化するにはプロパンの場合、常圧で-42度(ブタンの場合は-2度)に冷やすか、常温で8kg/cm2~9kg/cm2(ブタンの場合2kg/cm2~3kg/cm2)の圧力を加えます。 LPガスは空気より重いため、下方向に滞留します。わが国では、産油国より輸入されるものが70~80%、原油から国内で精製されたものが20~30%で、輸入されたものの80%近くが中近東からのものです。輸入依存度が高い関係から、安定供給確保のため、現在法律で輸入業者に一定量の備蓄が義務づけられています。(年間輸入量の50日分)さらに西暦2010年度に150万トン(同30日分に相当)の国家備蓄体制が進んでいます。

LPガスと都市ガスの違い

LPガスは空気より重いため、下に滞留します。また、都市ガスは空気より軽いため、上に拡散します。家庭用LPガスは、どこの地域においても同じガス器具を使用することができます。しかし、都市ガスにはいろいろな種類のガスがあり、同一のガス器具が使用できない場合がありますので、転居などの際には注意が必要です。LPガス、都市ガスの発熱量、比重は下記のとおりです。

【ガスのカロリーと比重】

LPガスと都市ガスの比較表
出所:ガス事業便覧   注:都市ガスについては標準熱量

LPガスの特徴

クリーンなエネルギー

LPガスは酸性雨の原因となるSOx(硫酸化物)の排出はほとんどなく、地球温暖化の原因といわれているCO2
(二酸化炭素)の排出も相対的に少ないクリーンなエネルギーです。

燃焼におけるCO2排出量(総発熱量)の比較(LPガスを1とする)
採掘から、生産・加工・輸送および最終燃料までを含む総合的なCO2排出量(新発熱量)の比較(LPガスを1とする)

簡易に供給可能なエネルギー

LPガスは、液化された状態で容器に入っているため、運搬が容易であり、全国津々浦々まで供給されています。
わが国1次エネルギーの5%を占めるLPガスは、特に民生需要の割合が高く、全国の約2500万世帯(全世帯の約55%)で使用されています。

高熱量のエネルギー

他のエネルギーと比べても発熱量が非常に大きく、また操作も簡単で燃焼制御のしやすいエネルギーです。

災害に強いエネルギー

平成7年の阪神・淡路大震災の際、LPガスは、供給の途絶が少なく又いち早く復旧しています。
ご存知のとおり仮設住宅でLPガスが使用されていました。

阪神大震災におけるライフラインの復旧状況

《 LPガスに関するお問い合わせはこちら 》

お気軽にお電話下さい
WEBからのお問合せ
 

株式会社 村瀬産業

〒500-8327 岐阜県岐阜市如月町2-12 TEL: 058-252-1331

Copyright (c) 2011 MuraseSangyou, Co.,Ltd All Rights Reserved.

本サイトをご覧になる際には、下記環境でのご利用を推奨致します。 推奨環境以外では、正しく表示されない事がありますのでご了承下さい。
※また本サイトでは、JavaScript、スタイルシートを使用しております。 ご覧になる際にはJavaScript及びスタイルシートを有効に設定して下さい。
【推奨ブラウザ】 Microsoft Internet Explorer Ver.8 以上 / 【推奨フォント】 メイリオ